【アラフォー】ボーダーコーデをおしゃれにする方法

こんにちは!
パーソナルスタイリストの下斗米(しもとまい)です。

今日はボーダーのコーデについて書いてみたいと思います!

子育て中のママやカジュアルコーデお好きな方であれば、
1着はボーダーのトップスは持っているのではないでしょうか??

でも、何も考えずにデニムにスニーカーで合わせたりするのでは、

いかにもご近所着に見えてしまったり、
手抜きコーデに見えてしまったり…しませんか?

以前の私もそうでした…


そこで、今日は、わたしの
褒められたボーダーコーデ、
残念だったボーダーコーデ、


を見ていただき、

その差は何なのか!?
何を意識したら褒められコーデになるのか??


書いていきたいと思います^^

ボーダーは○○を持ってコーデするように意識

早速ですが、私の褒められたボーダーコーデの例を見ていただきますね。
こちらです↓

ボーダーのカットソーに、このワイドパンツを合わせてみたとき、

マリンテイストな小物を合わせてもいいかも
と思い浮かび、

「マリンルック」をテーマに
マリンキャップ、エナメルのローファー、赤の入ったバッグ
を合わせてみました^^


もう一つ例を見ていただきますね。

こちらのコーデは、
組む前から、

今日は「トラッド」なイメージでコーデしようかな

と決めていて、それを表現する

・紺ブレザー
・だてメガネ
・トラッドシューズ

のアイテムにボーダーを合わせて、

パリのファッションスナップにいそうな、
女の子をテーマにしてコーデしました。

そのテーマをより印象付けるため、
赤の小物を足したことで、さらにそれっぽくなりました^^

私のボーダーの褒められコーデの成功のポイントは、

どんなイメージにするのか??
具体的にテーマを持ってコーデしているということ。

ボーダーのコーデに限らず、どんなイメージのコーデにするのか?にはいつも気を付けています。
ここを意識できると、小物の合わせ方などもすごく上達します♪

テーマがないと中途半端なコーデに?

こちらもいつかのコーデで、さきほどの2つのコーデと同じカットソーを使っています。

今になって振り返ると、

色合わせはいいのですが、
なんだか中途半端なコーデだなぁと思ってしまいます(笑)

まとめ

今日は、
ボーダーのコーデはテーマを持ってしてみよう!
ということをお伝えしてきました。


テーマについては、

今日ご紹介した、パリジェンヌっぽくマリンテイスト
はアラフォー女性でもトライしやすいと思いますが、

ほかにも、

★モノトーンのボーダーに、
ちょっと個性的な小物を合わせてモードテイストにしたり、

★ハイテクスニーカーに
スポーティなブルゾンでスポーティテイストに

★キャップやニット帽に、カジュアルなボトムス、コンバースを合わせて
とことんボーイズテイストに

などなど…
いろんなテーマに着てみることができると思います。


あなたに合いそうなイメージはどんなテイストでしょうか??

着ている人も多いボーダーを、
素敵にコーデして、周りに差をつけていきましょう!^^

参考になればうれしいです。


追伸.

「ニット素材」のボーダーだと、
アイテムによってはカットソーよりも少しキレイ目な印象のコーデに使うこともできます^^

2021AWは、
大人っぽく着られそうなボーダーニットを発見したので、
またご紹介させてくださいね。

お読みいただきありがとうございました!

洗練されたコーデを手に入れる方法を無料で学べる^^


あか抜けず悩んでいた私が、
洗練を叶えるスタイリストになるまでを大公開^^

メールの内容の一部を紹介しますと…

● おばさんコーデでイタイ女子→洗練を叶えるスタイリストになるまで
●【脱オシャレ迷子】どんどんあか抜けるのに大切なことって?
● 体型に自信がなくても変われます!
●「何を着ていいかわからない…」を解決するには
●【骨格診断メリットと落とし穴】正しい使い方を知っていますか??
●【有料級】コーデの基本を知ればキレイめカジュアル上手に!?
● お買い物は○○目線で考えて失敗を減らそう【服の適正予算は?】
など…

メール講座限定のお得なプランもご案内しています。

無料ですし、いつでも解除できますので気軽に登録してくださいね^^

ご登録はこちらからどうぞ←(クリック★)

関連記事

  1. 【30代,40代】大人のTシャツ選びのポイント3つ~コーデ例…

  2. ヘビロテする、使いやすいアイテム選びとは?

  3. 夏のモノトーンコーデ例

    なりたいイメージ別にみる、夏のモノトーンコーデのアイデア

  4. 同じ服を違う印象に。着回し上手になれるたった一つのコツ

  5. なりたいイメージをつかむ方法

  6. 時短で整った印象になる、コーデの色合わせ~たったひとつのコツ…